5歳のこどもたちも歯周病

5歳の子どもたちも歯周病
もはや歯肉炎の領域を超え始めている子どもたちの異変

社会問題化してほしい、子どもたちの異変
姿勢教育とともに、糖尿病対策です。
口の中は、唾液で綺麗になる・・だから舌運動を知っていただくことが
口の中の細菌のコントロールと、姿勢のコントロールの必要性が見えてきます。

こんな子どもたちでも免疫力の回復のトレーニングで
たった2週間で変わりだすのですから。。

子供の能力を育てない知識の無い社会と
親と国の楽をさせたいという逆の教育は
この国の体力と、気力そして国力を無くすことになります。

日本人の姿勢の教育は絶対に必要だと思われます。

最も大事なのは赤ちゃんができたその時からの母親の姿勢教育です。
オッパイの与え方が全く違うために、生後3ヶ月以降の問題が起きやすくなります。

全ては予防歯科医療に対しての知識と行動です。

かわべセミナーズ