腱鞘炎の治療と本末転倒な医療

腱鞘炎だったのですが。。。

ずっと悩んでいた腱鞘炎で、
器具を装着し、動きにくくなった指が。。

そして手術するか選択した時なのに
歯科医院で。。しかも自分の力で治っていくなんて。。

信じられない治療法だと。。。

かわべ歯科では日常よくある出来事ですが。。

今回は腱鞘炎。。。あれっ
腱鞘炎も、頭痛も。。腰の痛みもおんなじですか。。。
と聞かれます。・・・

そうなんです。。あなたの癖が原因です。
口の中にも癖が出てくるんですね。

こんな口の中の歯ブラシ使ったり、
舌使ったり、
目を一緒に動かしたり。。。
ストレッチ板で軽い運動したり
そんなことで。。。変わるんですね。と。。。

姿勢咬合は、こんな簡単なことで
噛み合わせも良くなり
顎関節症も良くなる。。そんな体験をして
患者様の免疫力を上げる治療法を学ぶ場なんです。

呼吸と嚥下をコントロールする口腔という生命を司る器官
この臓器の異常は、予防の中でしか治らないのに。。

なぜ治療を優先されるのか。。。
保険証出すから。。。治療した歯は二度と治らないのに

多くの歯科医師は今まで本末転倒の医療をしてきたと
理解されるようです。

順番を間違えると、医療は逆の結果を招くようです。

腱鞘炎 治療

かわべセミナーズ